2012/10/31(Wed)
2冠馬ゴールドシップを抱える須貝厩舎は続く2歳世代も強力だ。新設重賞アルテミスSにコレクターアイテムが登録。担当する榎本助手が「先生(須貝師)がハーツクライの牝馬はまだこれといった馬が出ていないから、ウチの厩舎から出そう、と言われてます」という期待の1頭。

 牝馬限定の新馬戦を制した後、デイリー杯2歳Sは牡馬に交じっての4着。上がり3Fタイム33秒2は出走メンバー中で最速だった。タメが利いて、直線はグイグイ加速してくる。秘めたる素質は相当だ。だが榎本助手から意外な言葉が聞かれた。

 「攻め馬に乗っている感じでは、あんなに走るとは思わなかった。跳びが大きくてキレイなので、坂路では動きが目立たない」

 しかも普段は「メチャクチャおとなしい」という気性。これぞ実戦タイプだ。何かと敏感な2歳牝馬ということで「まだ体に余裕を持たせながら」使っている段階。それでいて切れる末脚を繰り出しているのだから末恐ろしい。もちろん実戦経験を重ねて、上積み材料もある。

 「2回使ってやっとピリッとした。変にイレ込むことはないけど、反応が良くなった。ちょっとずつ競馬を覚えてきているみたい。おとなしいので、輸送はそんなに心配していません」

 そのうえで「東京でどんな脚を使うのか、見てみたい」と口にする。問題は現時点で抽選除外の可能性があること。ゲートインさえかなえば、未来は明るい。
[ ナリティー at 2012/10/31(Wed) 18:48コメント(0) ]
2012/10/31(Wed)
レッドファンタジア
(牝2、栗東・橋口厩舎)
父:Unbridled’s Song
母:Cat Chat
母父:Storm Cat

豪華な血統の外国産である。数々の重賞ウイナーを送るアンブライドルズソングが父。日本でもアグネスソニック(NHKマイルC2着)、ラヴェリータ(重賞7勝)らが活躍している。

母キャットチャット(その父ストームキャット)は、ダート7ハロンの米G2・ナッソーカウンティSの勝ち馬だ。祖母フォーンチャッターが米2歳牝馬チャンピオン。BCジュベナイルF、オークリーフSとG1を2勝している。同馬のひとつ上の姉、インランジェリーは、米G2・ブラックアイドスーザンSや同G3のバーボネットオークスを制覇。米G1・ノーフォークSを制したディキシーチャッターはいとこにあたる。

キーンランド社のセプテンバーセールに上場され、約1900万円で落札。東京サラブレッドクラブの所属となり、総額3000万円で募集された。

昨年10月、ノーザンファーム早来に到着。順調に乗り込みが進められた。8月25日、NFしがらきへ。9月16日には栗東に入厩した。坂路での15−15と並行してゲート練習をこなし、10月12日の試験をパス。ここまでのタイムは目立たないが、雄大な馬格を生かした迫力あるフットワークが目を引く。

11月4日(日)、京都の芝1400mにスタンバイ。ミルコ・デムーロ騎手が手綱を取る。
[ ナリティー at 2012/10/31(Wed) 18:45コメント(0) ]
2012/10/31(Wed)
リッチラヴィーニュ
(牡2、栗東・佐々晶厩舎)
父:フジキセキ
母:リッチアフェアー
母父:Machiavellian

父はフジキセキ。スプリント部門へキンシャサノキセキ、コイウタやエイジアンウインズといったマイル女王、驚異の日本レコードを叩き出したダノンシャンティ、さらにダート界にはカネヒキリ、シャトル先での成功作としてもドバイシーマクラシック勝ちのサンクラシークら、長年に渡って多彩なトップホースを送り出している。

母はイギリス生まれのリッチアフェアー(その父マキアヴェリアン、英1勝)。その全姉がホワイトウォーターアフェア(G2・ポモーヌ賞、G3・ジョンポーターSなど英仏4勝、産駒にヴィクトワールピサ、アサクサデンエン、スウィフトカレント)という魅力的な血だ。サンデーサラブレッドクラブにて総額3000万円で募集された。

ノーザンファーム空港で基礎固めされ、3月22日にNFしがらきへ。右前を捻挫するアクシデントがあったものの、それも難なく乗り越えて7月27日に栗東に入厩した。8月8日のゲート試験を1回でクリアした。いったん放牧を挟んで心身を整え直し、10月11日に帰厩する。NFしがらきで十分な調教量を消化してきただけあって、当初からしっかりしたフットワーク。追い不足の心配はない。

注目のデビュー戦は11月4日(日)、京都の芝1800m。佐藤哲三騎手で。
[ ナリティー at 2012/10/31(Wed) 18:45コメント(0) ]
2012/10/31(Wed)
アムールポエジー
(牝2、栗東・野中厩舎)
父:ネオユニヴァース
母:ハッピーリクエスト
母父:トニービン

ヴィクトワールピサ(ドバイワールドC、有馬記念、皐月賞)を筆頭に、スーパーホースを輩出しているネオユニヴァースが父。世界の頂点を極めた実績が評価され、この世代は繁殖レベルがぐんとアップしている。クラシックを賑わす逸材が続々と登場するに違いない。

母ハッピーリクエスト(そのトニービン)は6勝をマーク。同馬の半兄にハッピーリクエスト(カペラS、北海道スプリントCなど、地方を含む9勝)、リクエストソング(4勝、きさらぎ賞2着)らがいる。祖母エイプリルソネット(米11勝)に連なるコンスタントに走る血筋だ。馬主を対象に出資を募る社台オーナーズにラインナップ。募集総額は2000万円だった。

社台ファームで順調にペースアップ。8月16日、函館競馬場に入厩した。24日に栗東へ移動。9月14日のゲート試験に合格すると、スピード調教に移行する。ただし、呼吸音に違和があったために検査をしたところ、喉頭蓋エントラップメント(ノドなりの一種ではあっても、喘鳴症やDDSPとは違い、喉頭蓋のヒダを除去する簡単な処置で完治する)

との診断を受けた。23日に診療所で手術を完了。短期間で乗り込みを再開し、コンスタントにタイムをマークする。十分に態勢が整っているうえ、動きも良好である。

11月3日(土)、京都の牝馬限定・芝1600mでデビュー。ミルコ・デムーロ騎手に依頼している。
[ ナリティー at 2012/10/31(Wed) 18:44コメント(0) ]
2012/10/31(Wed)
●好メンバーが顔を揃えた萩Sは5番人気のインパラトール(牡2、栗東・領家厩舎)が最内をピッタリと通り、差し切り勝ちを決めた。
「使いながらだいぶ走る気が出てきた。これで4戦したから、このあとは放牧に出して一服させるつもりでいる。もし年内に使うなら(12月22日の)ラジオNIKKEI杯2歳S(G3)になるだろう」と領家師はコメント。

●京都8日・新馬戦(芝2000m)はテイエムダイパワー(牡2、栗東・木原厩舎)が、スローペースの逃げから2着・ライジングゴールドをクビ差退けてデビュー戦を飾った。
「1番枠でロスなく運べたし、最後も馬が来たら、もうひと伸びしたからね。渋太いレースをしてくれた」と木原師は愛馬を褒め讃えた。このあとは11月24日の京都2歳Sを予定している。

インパラ

テイエム
[ ナリティー at 2012/10/31(Wed) 18:42コメント(0) ]
2012/10/31(Wed)
サン
日曜京都5R
2歳新馬
芝1600m
勝ちタイム1.37.9
サンライズバード(牡2、タニノギムレット・栗東・河内厩舎)

そぼ降る雨で視界がやや悪い中での新馬戦となった。あまり良く見えないレースではあったが、最初はドンジリ。向こう正面で後ろから3頭目の外。坂の下りもで、まだ中団の後ろ。4コーナーでもまだ半分にも上がっていなかったサンライズバード。直線でもそのまま大外へ。かなりあった前の馬との差だったが、ゴールが近づくにつれて差がなくなり、残り100ではキッチリと前を捕えて先頭に踊り出て、2馬身差の楽勝となったサンライズバードが目立ったレースだった・・。

バラバラっとしたスタートだった様子。いきなり縦に長い展開となった。そんな中からラフィットオフ、キョウワアーサー、トウケイテンシが並んで先行。すぐにペースダウンとなったのか、後続がどっと押し寄せて行く。3ハロン通過の時には、もう先頭から最後方タキノウェーブまでは10馬身もなかったか。人気のディープウェーブにアルバタックスは枠なりに馬群の中団の内目。内のスペースを詰めていく。坂を下って行くがペースが上がらない。後続も楽に追走していく。そんな中で、やや鞍上の手が動いているのがソリーアンジェロ。行きっぷりが悪い。馬群はさらに凝縮されてもう6馬身ぐらいの塊となって最後のカーヴへと向かう。かなり悪い内のコンディション。しかし先行馬はそこを通る。そんな中でナムライットウセイの手応えが良く見える。前を行く馬の間を縫って出てきそうな勢いだ。外からのプラチナテーラーも伸びがいい。前を捕えそうだと思った瞬間に、外からサンライズバードがヒューンと伸びていった。あっと言う間に内の馬の伸びとは違う伸びでゴールを目指して行く。

それを追うようにアルバタックスが伸びて行く。これは直線に入って位置していた内から外へ出してきたもの。そんな動きをした時に、ちょうどサンライズバードが先に外目を伸びていたのだった。
一方のディープウェーブは、残り100を過ぎるあたりから内から外へと出してきたものだったが、その横をサンライズバードと、そしてアルバタックスが伸びて行っていた。本来ならば内でそんな風に我慢させて終い爆発させるのが功を奏すのだが、今日の馬場ではそんな瞬発力勝負ともいかず。長い脚を使っていたサンライズバードの勝負目だった様子。
最後の1ハロンが11.8。これはサンライズバードがほとんどマークしたもの。馬場のいい処を通ってきたのも、この切れになったのだろうが、かなりのロングスパートが利いたもの。またそんな渋い面を持ったサンライズバードの鞍でもあった・・
[ ナリティー at 2012/10/31(Wed) 06:28コメント(0) ]
2012/10/31(Wed)

日曜京都6R
2歳新馬
芝1200m
勝ちタイム1.12.6
フィールドメジャー(牡2、ダイワメジャー・栗東・西園厩舎)

圧倒的1番人気のフィールドメジャーが2番手から抜け出したものだが、ゴールが近づいてきてもまったく追わずだった。最後の1ハロンが11.8とペースアップしているのに、涼しい顔でのゴール。楽に追走していたとは言え、切れ味が違い過ぎるのだろう。3馬身差の2着には、逃げたジョウショーターフが何とか粘ったものだった・・。

ややダッシュがつかないのがセントアモーレ。前へと行く他の7頭に1馬身から2馬身と遅れる。最内からシャインエタニティ。ジョウショーターフ、そしてフィールドメジャーが行く構えだ。フィールドメジャーが中から出て行くのかと思えたが、ジョウショーターフが前と出て行く。クビ差でフィールドメジャーが続く。外からメイショウソウインが上がって3番手。最後方のセントアモーレも離れず続いている。
2ハロンを過ぎてもペースはまったく上がらず。先頭から最後方まで馬群はさらに固まって4馬身ぐらいか。先頭のジョウショーターフが3ハロンを通過するが37.0とかなりユッタリ。その外にピタっとフィールドメジャーが続く。4コーナーのカーヴへと入ってきたが、当然に8頭全馬が持ったままの手応え。3番手のメイショウソウインが、フィールドメジャーの外へと上がる。ややカーヴでのコーナーリングで、フィールドメジャーが手前を替えるのが上手くなさそうな感じだったが、事なきを得て直線へと入ってくる。

真っ直ぐに直線へと向いたあたりで、チラっと内のジョウショーターフを観たのか、オーロラビジョンを観たのか、酒井学Jの動き。内のジョウショーターフが残り300を過ぎて追い出しているのに、まだ手綱を絞ったまま。内のジョウショーターフの鞍上がステッキを入れ出す。外のメイショウソウインも1馬身後ろながらステッキを入れている。
1ハロンを通過。そこで左ステッキを1発だけ入れた酒井学J。フィールドメジャーにゴーサインを出す。手綱を少しシャクっていく。そしてその動作も納めて、ゴール前の2完歩ぐらいは流し気味と完勝だった。

ジョウショーターフにクビ差詰寄ったメイショウソウイン。かくして前残りの競馬となった。それだけフィールドメジャーがこのメンバーでは上の存在の様であった。まず楽に初戦を通過した・・。
[ ナリティー at 2012/10/31(Wed) 06:24コメント(0) ]
2012/10/30(Tue)
eiemu
土曜京都5R
2歳新馬
芝2000m
勝ちタイム2.04.2
テイエムダイパワー(牡2、アドマイヤジャパン・栗東・木原厩舎)

アドマイヤジャパンを思い出すのに時間がかかった。そうだ、ディープインパクトの3冠のかかった菊花賞で、残り1ハロンで先頭に立ったのがアドマイヤジャパン。それを怒涛の寄りで勝ったのがディープインパクトだった。あの時に引き上げてきた横山典Jが《俺の人生こんなものか〜》と嘆いたのも思い出した・・・。

暑いぐらいの日差し。スタンド前からのスタート。一番速かったのはヒルノドンカルロ。内のライジングゴールドも出がいい。最内からテイエムダイパワーが押して押して先頭に立ち主導権を握る。この枠を引いたら、行けたら楽。2番手にヒルノドンカルロ、3番手プロミネントロールで最初のカーヴへ。4頭目の内にライジングゴールドが収まって、さらに二つめのカーヴへと入って行く。もうペースは遅くなりつつある。
向こう正面に入ったあたりで、内のライジングゴールドが少し間隔を詰めにかかる。坂を上がって行く時には、2番手ヒルノドンカルロとは1馬身ぐらいのリードとなったテイエムダイパワー。気持ちいい逃げを展開だ。そして緩やかな坂を下って行く。後続組が外を追い上げて行くが、先行馬はラチ沿いを楽な手応えで最終カーヴを迎えた。

カーヴを廻る時に、2番手ヒルノドンカルロがやや肩ムチを入れながらの追走となる。
残り300を通過。テイエムダイパワーの鞍上太宰Jが、左ステッキを入れる。ゴーサインだ。1馬身から2馬身と開いていくが、ヒルノドンカルロの内からライジングゴールドが伸びだす。そして2頭馬体を並ばせて前を追う。
前では太宰Jの左ステッキが飛ぶ。中のライジングゴールドがグイと伸びかけたが、テイエムダイパワーが何とか凌ぎきってクビ差先んじてゴール。ヒルノドンカルロが少し遅れての3着。この3頭の後ろはかなり開いて、レコンダイトが上がって来ていた。

最後の2ハロンが11.5〜11.4と完全に上がりの勝負に持ち込んだ太宰Jとテイエムダイパワー。低い姿勢でのフォームはなかなかのもの。上位3頭のレースとなったが、それを守りきったのにも値打ちであろう。
やや前から離されたレコンダイトではあるが、坂路でもまだそんなに目立ったタイムが出ていなかった。まだ仕上げ途上の感じだけに、次走でどれだけの変わり身を見せるに注目だ。
[ ナリティー at 2012/10/30(Tue) 17:24コメント(0) ]
2012/10/30(Tue)
馬名ダイワレーヌ
今年のPOGで間違いなく注目の1頭。

父:チチカステナンゴ
母:ダイワスカーレット
母父:アグネスタキオン

母ダイワスカーレットは12戦8勝2着4回というパーフェクト連対に加え、有馬記念、エリザベス女王杯、秋華賞、桜花賞とG1・4勝の女傑。同世代のウオッカと死闘を演じた天皇賞・秋は間違いなく平成史に残るベストレースの一つでした。

父チチカステナンゴは現役時代は14戦して4勝。主な勝ち鞍は、仏G1・リュパン賞(芝2100m),仏G1・パリ大賞(芝2000m)し、社台に移籍する前に生まれた産駒の中には、デビュー4連勝中だった産駒のVision d'etatが初重賞挑戦となった仏ダービーを制してます。

急死してしまい僅か3世代しか残せませんでしたが、社台がサンデー系牝馬にバリエーションを持たせるために導入した期待の種牡馬だっただけに、期待の新種牡馬です。

チチカステナンゴはカロ~フォルティノ系で似たような血統背景で成功したのはタマモクロス×母父サンデーのマイソールサウンドが居ます。

マイソールサウンドは重賞を5勝した実力馬でしたが、POG期間中(最初の新馬戦~翌年ダービーまで)は新馬戦の1勝のみで500万下2着2回まで。もしかしたら年を重ねてから本格化する可能性も否定できません。

それでも初仔ですし、父は仏ダービー馬出してますので期待していいと思います。ちなみに厩舎は松田国厩舎。どうやらオーナーにお願いしてダスカの仔は全てマツクニ厩舎に入るようです。
[ ナリティー at 2012/10/30(Tue) 08:02コメント(0) ]
2012/10/26(Fri)
◆レコンダイト(牡、父ハーツクライ、母モテック、栗東・音無秀孝厩舎)
半姉サンテミリオンは2010年オークスを優勝。本馬は2010年セレクトセール当歳にて7000万円で落札されている。9月13日に社台ファームより栗東へ入厩。そこから順調に調教が進められており、坂路では再三にわたる併せ馬を敢行。先着することが少なく、同入か遅れるということが多いが「乗り手がみな『背中がいい』と評価する」と音無秀孝調教師。10月17日の坂路では古馬プロフェッサーとの併せ馬だったが、併入に持ち込み、4F53.6秒とこれまでの最速時計をマーク。徐々に動ける態勢が整ってきたのではないだろうか。デビュー戦は10月27日(土)京都芝2000mを福永祐一騎手で予定している。

◆ソロル(牡、父シンボリクリスエス、母ラバヤデール、栗東・中竹和也厩舎)
東京芝2000mでデビューのソロル

東京芝2000mでデビューのソロル

伯父に2002年東京大賞典、2003年フェブラリーSといったダートG1を優勝しているゴールドアリュールがいるだけに「血統的にはダートかも知れないけど、いかにも芝を走らせてみたい、柔らかい走りを見せるんですよ」と本馬の印象を語る中竹和也調教師。10月17日の坂路では古馬アーサーバローズと併せて2馬身先着、4F54.4~1F13.2秒をマーク。同師は「素晴らしい馬体をしているし、雰囲気がある馬だけに期待が大きいんですよね」とのこと。なおデビュー戦は10月28日(日)東京芝2000mをI.メンディザバル騎手かC.スミヨン騎手で予定されている。

◆フィールドメジャー(牝、父ダイワメジャー、母ギャラリートーク、栗東・西園正都厩舎)
スピード能力溢れるフィールドメジャー

スピード能力溢れるフィールドメジャー

当初は京都芝1600m(10月28日)でのデビュー予定もあったが「兄(フィールドシャイン)がダート1200mで5勝を挙げている実績を考慮すると、距離は短い方がいいと判断したので」と、デビュー戦を10月28日(日)京都芝1200mに変更した経緯を説明。 9月8日にノーザンFしがらきから入厩して、本格的な調教は10月に入ってから。10月17日は坂路で新馬フロアクラフトと併せて4F52.1秒をマークして、相手を1秒以上ちぎって先着した。「ラスト1Fで時計が掛かってしまった(14.1秒)けど、スピード能力があるからこその時計。新馬勝ちを意識して使います」と同師。なお鞍上は酒井学騎手を予定している。

◆ソリーソアンジェロ(牝、父ディープインパクト、母レンドフェリーチェ、栗東・橋口弘次郎厩舎)
 母は現役時代に2003年紫苑Sを勝っており、半兄リフトザウイングスは同厩舎で管理されており、2010年東京スポーツ杯2歳S2着の実績を残している。本馬は牝馬ではあるが「頼もしい馬体をしていますよ」と橋口弘次郎調教師。 10月17日の坂路では新馬アンジュエと併せて若干遅れる形。ただ時計は4F53.8~1F13.2秒と水準のものは出ている。ただ「リフトはデビュー前から攻め駆けしていたので、そのあたりがどうか」と同師。最終追い切りでどの程度の動きを見せてくれるか、そのあたりがポイントになりそうだ。デビュー戦は10月28日(日)京都芝1600mを藤田伸二騎手で予定されている。

◆エピローグブリッジ(牡、父アグネスタキオン、母ヴェストリーレディ、美浦・加藤征弘厩舎)
 母はアメリカの重賞ウイナー。近親にはMr.Greeley、Street Senseがいる。5月末に入厩し、まずはゲート試験をパス。夏場は育成場で基礎体力の強化に努め、秋の東京開催を視野に入れて10月3日に再入厩した。まだ時計的には目立たないが、古馬のパワーストラグルと併せるなどして順調に乗り込まれている。「いいスピードがありそうだし、気性的にも初戦向きだと思う」と加藤征弘調教師。10月28日、東京のダート1400mを予定している。加藤征弘厩舎からはシャドウゲーム(牡、父チチカステナンゴ、母シャドウストリーム)もスタンバイ。こちらは10月28日、東京の芝2000mを予定している。

◆ピークタイム(牝、父ダイワメジャー、母エミネントピークス、美浦・大江原哲厩舎)
 現4歳の半兄シャドウエミネンスは芝2000mでデビュー勝ち。いとこにはエミーズスマイル(アネモネS)、ディラクエ(北海道2歳優駿)がいる。10月4日に坂路で4F50秒台と水準以上の時計をマーク。その後も順調に追い切りの本数を消化しており、仕上がりは上々だ。「追ってからが良さそうなタイプ」と大江原哲調教師。10月28日、東京の芝1400mを北村宏司騎手で予定している。

◆ポップジェムズ(牡、父ジャングルポケット、母ポップス、美浦・鹿戸雄一厩舎)
 異父兄に2006年と07年の目黒記念を連覇したほか、有馬記念2着、メルボルンC2着などの実績を残したポップロック。鹿戸雄一厩舎では異父姉のスピードリッパー(現1600万下)、ストラスペイ(現500万下)も管理している。坂路や本馬場でコンスタントに追い切りを重ね、ひと追いごとに動きがピリッとしてきた。「まだ緩さも残るけど、だんだんと気持ちが入ってきて動きも良くなってきた。見た目はアカ抜けているし、素直で距離にも融通が利きそう。これまで勝ち上がっている馬たち(レッドヴィーヴォ、アルマシャウラ、レッドセシリア)と比較しても初戦から勝ち負けになる力はあるはずだし、血統的にも期待しています」と鹿戸雄一調教師。10月27日、東京の芝1600mを三浦皇成騎手で予定している。

◆フォレノワール(牝、父アグネスタキオン、母ネームヴァリュー、美浦・藤沢和雄厩舎)
 母はデビュー戦→コスモス賞を連勝したほか、JRAの芝で計4勝をマーク。4歳時の秋に南関東へ移籍したのち、TCK女王盃や帝王賞を制するなどダートでも活躍した。本馬と同じく藤沢和雄厩舎に属した半兄のピサノエミレーツも芝とダートで5勝している。美浦に入厩したのは10月5日。まだ入厩後の日は浅いが、500㌔を越す立派な馬体を誇り、古馬と併せても互角の動きを見せている。「牧場でもしっかりと乗ってきたし、わりと仕上がりは良さそう。いいところはあるよ」と藤沢和雄調教師。仕上がりの良さから前週にデビューさせるプランも浮上したが、もう少し様子を見ることに…。次開催まで待機する可能性もあるが、今週の動き次第で10月27日の東京・芝1600mでデビューする可能性もありそうだ。
[ ナリティー at 2012/10/26(Fri) 06:36コメント(0) ]